一冊の本「アックス展」へ

イメージ
本日はアックス編集部へ新作漫画の打ち合わせでした。
久々の来社で楽しくなっちゃって、超喋っちゃったなあ。
喋っちゃいけない事まで喋った気もしますが、
まあいいでしょう。
その後、
千駄ヶ谷にあるランドリーグラフィックスギャラリーで開催されている一冊の本「アックス展」を見に行って来ました。
私、パースとかホワイトとか全然できないんですが、
原画を見ると皆どうやって描いてるのか分かっていいですね。
勉強になりました。
イメージ
中野シズカさんのモリミテ
私、大好きなのですが、
上の画像の原画が展示してあって、
これは逆にホワイトをほとんど使ってなくて、
とても綿密にホワイト部分を切り抜いてあって、
衝撃を受けました。
以前も原画を拝見した事がありますが、
何度拝見しても衝撃的です。
そんな一冊の本「アックス展」は、
今週20日(金)までです。
必見ですよ。
————————————————-
一冊の本「アックス展」
〝一冊の本展〟とは、ギャラリー自ら一冊の本を取り上げ、それを世に広めるための企画展示。今回はsの一冊に「アックス」が選ばれ、アックス作家陣10名のマンガ原稿が展示されます。全員がマンガ原稿展示というのも実は珍しいことなので、この機会をお見逃しなく! また初日5月9日には18時よりオープニングパーティが開かれます。勿論、会場ではアックスバックナンバー等の販売もあります。
〈ギャラリーメッセージ〉
 長井勝一と漫画家の白土三平により1964年に創刊された日本初の青年漫画雑誌『月刊漫画ガロ』は、独創的な誌面で、数々の漫画界の異才と呼ばれる作家たちを輩出してきました。今回の展示では、その遺伝子を受け継ぐ、漫画雑誌『アックス』をご紹介いたします。歴代の作家から現在連載中の人気作家の迫力の原画をご覧いただきます。

期間:5月9日(月)~20日(金)13時~20時 ※最終日は18時まで(15日休廊)
会場:ランドリーグラフィックスギャラリー
   東京都渋谷区千駄ヶ谷1-11-3 メゾン中塚101
   電話:03-6447-1619
   http://www.laundry-graphics.jp/gallery/index.html

【マンガ原稿展示作家】
花輪和一・蛭子劇画プロダクション・しりあがり寿・花くまゆうさく・東陽片岡・島田虎之介・中野シズカ・堀道広・クリハラタカシ・コマツシンヤ(敬称略)
————————————————-

カテゴリー: 雑記   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>